カテゴリー別アーカイブ: ポメラDM-20

ケーブルの折れに注意!

ポメラ ライフ楽しんでますか?
うちのポメラ(DM-20)も、今のところ順調に動いてます。

ほんと、電池の持ちが良いですねぇ~
1週間に数回しか使ってないけど、1ヶ月以上持ってます。
でも、最近ちょっと気になることが…

キーボードのフラットケーブルが…

キーボードのフラットケーブルが…

DM-20…ご存知折りたたみのキーボードなんだけど、開くとき畳むときにフラットケーブル…たぶんキーボードと本体をつなぐケーブル…を折り込んじゃったらしく

開いたときに「なんか、キーボード浮くなぁ」って思ったら、フラットケーブル折れてたorz

まぁ切断するほど折れてはなかったので、キーボードは正常に使えるんだけど、畳むときとかちょっと気を使うようになりました。

折りたたみ…よく出来てはいるんだけど、皆さんもケーブルには注意してくださいね。

と言うことで、本日ここまで!

PC用のATOK更新されましたね

ATOK2013→ATOK2014かぁ~、PC版は更新されるから、どんどん使いやすくなるよね。それに比べて我がモペラ(DM-20)に搭載されているATOKは、ポメラが世に出てから更新なし。まぁ簡易版みたいなものだし、更新はできないんでしょうね。

もちろん誤変換、文節の区切りがおかしいとか色々あるけど、分かって使ってるから特に不満は…
単語登録で自分なりにチューニングするしかないんですけどねw

ポメラを使い初めてからそろそろ3ヶ月。こたつや布団の中で使ったり、時には外に持ち出して電車、喫茶店で使ったり…
ネットにも繋がらない、メールもできない。ただ単に文書を綴るだけのマシンですが、思ったより使いでがあるって言うか。
ネットやメールはスマホに任せて、書くことだけに専念できるって、ある意味いいところを突いてるなぁって思ったりしております。

ほら?ネットとかできると、ちょっと色気が出てきて、あれもこれもってなっちゃうんだけど、ポメラにはそれがない。できないんだから、できないなりに使えるんですね。

世の中便利になりすぎ!それに、何でも一つの物でできるのを良しとする風潮もありますよね。
そういう意味ではなんの面白味もないマシン(電子文具)かもしれないけど、いつでもどこでも文書が入力できる、インプットマシンっていう割り切り。私はありだと思います。

欲を言うならば…ATOKを最新版に更新してくれ~w

 

やっぱりオススメは充電池やね

ポメラ(DM-20)は、アルカリ単4電池2本で約20時間使えます。電池が切れても、コンビニや100均で調達できるのは良いですね。
電池が切れたら即交換。交換中はバックアップ電池(リチウムコイン電池CR2032)でデータはバックアップされてますので安心です。

どこででも入手できる単4電池ですが、やっぱりオススメはニッケル水素充電地。電池ってさぁ切れたら捨てるしかないじゃない。そんなに頻繁に交換はしないし、100均で6本とか買えるけど、捨てるとなるとやっぱり資源の無駄。それに、地域によって捨てる曜日が決まっていたり、なんとなく家に使えない電池がゴロゴロって事も。

ポメラはエネループなどのニッケル水素充電地が使えるし、メニューのオプション→電池設定でアルカリ電池とエネループの設定もあるので、電池にあわせた最適な電源管理もされているようです。

アルカリ電池で約20時間、ニッケル水素充電地で約15時間。充電地の方が約5時間電池の持ちが悪いようですが、電圧を考えると(アルカリ電池は1.5V、ニッケル水素充電地は1.2V)、まぁ仕方ないかな。

ニッケル水素充電地といえばサンヨー(今はパナソニック)のエネループ(eneloop)が有名だけど、東芝とかからも出てますし、100均でも1本単位で売ってます。ちなみに、値段の差がほぼ電池容量の差になっていて、エネループの中でも安い・高いがあります。スタンダードは750mAで約2100回充電可能。プロが900mAで約500回。ほかにもlite(お手軽モデル)があって、こちらは550mAだけど充電回数が約5000回。お値段的にはlite<スタンダード<プロの順。スタンダードとプロがで2本800円位かな(新しいタイプは1300円前後)。liteで500位。まぁ容量と充電回数のバランスのとれたスタンダードがオススメですね。

東芝インパルス単4型

左は100均のアルカリ単4電池。右は東芝のインパルス。三洋の充電器で充電できちゃいます。

って、エネループをススメておきながらなんですが、私はエネループじゃなく東芝のインパルスを使ってます。だってさぁエネループのlitとほぼ同じ値段(ちょっと高い)で、容量がスタンダードと同じ750mA(充電回数は約1500回)なんです。充電回数か少ないけど、充電した回数なんて数えないし、2100回も1500回も、感覚的にはにたようなもの。で、どっち買う?って言われたら、インパルスでしょうw

電池は予備も含めて4本は持っておきたいですね。できれば4本セットをお買い上げ。2本ずつ印を付けて、ペアで使うようにします。あ、2本は予備用ね。電池が切れたら入れ替えて充電します。
そうそう新しく買うときは、充電器とセットのを買ってくださいね。

ポメラを持ち歩くときは、本体と予備のニッケル水素充電地2本をセットで。そう考えたら、ちょうど言い大きさの鞄?バッグが欲しくなりますね。ちょっと探してみようw

母艦となるパソコンは必要です!

どこにでも持ち出して、さっと取り出して書き始める。さくっと物書きのはとても使いがってのいい電子文具なんですが、ポメラはあくまでも物書き専用。パソコンからテキストエディターだけ抜き出したような製品、入力しかできないマシンだから、当然文書を作成することしかできません。

では、作った(作成した)文書はどう活用する?ブログに投稿するにしても、プリントアウト(印刷)するにしても、ポメラ単体ではできません。
作成した文書はパソコンに取り込んで…っていう手jyつんが必要なんです。

作成した文書をパソコンに取り込む方法は2つ。一つはマイクロSDカード経由、もう一つはUSB経由。
マイクロSDカードは、ポメラの電源がOFFの時に抜き差ししますが、マイクロDSカード自体かなり小さいものですし、パソコン側にリーダーがないと取り込めません。
抜き差しが頻繁だと、もしかしたらコネクタを壊すかもしれませんので、おすすめはやはりUSBケーブル経由でしょう。

基本的にはポメラの電源がOFFの時に付属するUSBケーブルを差します。電源がONの時は、ケーブルを差してメニューのツールタブ、PCリンクでリンクできますが、ポメラのキーボードを開いていると、左下のUSBコネクタへのアクセスがしにくいので、現実的にはやはりポメラが電源OFF、キーボードも折り畳まれている状態で差すのがいいでしょう。

USBケーブルでPCにリンクします

USBケーブルを差してパソコンとリンクします

USBケーブルを差すと、パソコン側ではストレージ(外部ドライブ)として認識されますので、エクスプローラでファイルが見れます。
あとはファイルを選択してコピーするなり開くなりして、パソコン側で処理できます。
※ポメラ内部のファイルの移動、コピー、削除などもパソコンでできます。

ポメラを切り離すには、パソコン側で「ハードウエアの安全な取り外し」で切り離してケーブルを抜きます。

ポメラ(DM-20)は、内蔵メモリーに最大1000文書保存できますし、マイクロSDカードとフォルダーで管理すれば、ファイルの数などを気にする必要がないほどの文書を保存できます。
※5層までのフォルダー管理管理、1フォルダあたり最大1000文章

でも、ポメラはあくまでも入力(文書作成)に限られた電子文具。せっかく書いた文書、パソコンに取り込んで活用しましょう。

※ここでは触れませんでしたが、書いた文書をQRコードで出力(画面表示)する方法があります。短い文書を携帯などに取り込むには便利な機能です。
QRコード出力については、後日改めて書きますねw

複数の文書が開けて、切り替えられるといいなぁ…

ふと思った。

今までシグマリオンとかWindows系のエディタを使ってて、Windowsって複数の文章を同時に立ち上げて編集できるじゃないですか。
器用じゃないので複数を同時に編集(書く)する事はできないんだけど、ちょっとしたメモ?思いついたネタとかをちょっとメモしておきたい。そんなときすぐに文章を切り替えてメモっとく。
ちょっとしたことなんだけど、後で役に立つっていうか。でもポメラでは複数文章を同時に立ち上げてなんてできないのよね。今書いている文章を保存して、新しいファイル(例えば、メモエトセトラみたいなファイル)を開いてメモって保存、さっき編集していた文書ファイルを開いて…

はぁ~結構面倒いなぁ。さくっと切り替えてってできればすごくいいのに…
そこでおじさん考えたw文章編集中に他のことができないか?…できることはただ一つ。そう!日記の機能が使えんかしら?

※日記(日付メモ)の機能…カレンダー、日付にひも付いた文書が欠ける機能。1日あたり最大8000文字までで、本体メモリに保存され、メモリ容量は16.7メガバイトで、8000文字書いたとして、約1000日分保存されます。

早速やってみた。まずalt+F1を押すとカレンダーが表示されてenterを押すとメモリ容量確認後メモ画面がでる。そこでさくっとメモしてESCキーを3回(保存されてカレンダ表示に戻る→menuキーを押した状態に戻る→)押せば本文編集画面に戻るので、続けて書くことができるのね。
ウィンドウを切り替えてさくっとっていう訳にはいかないけど、ポメラではこれが唯一の方法なのかなぁ…

もちろん本文から日付メモへのコピーペーストとかできるから、さほど不便は感じないかも。あ、感じるとすれば、日付メモは日付にひも付けられてるから、日付が変わると当然新しいメモになる。過去のメモをみたければ日付をさかのぼる必要があるのよね。

ホント文書の入力と編集に特化っていうか、それしかできないっていう割り切りの良さ!ますます気に入ったねw

※追記
DM-100は2つのファイルが同時に開けるみたいですね。
でも、ひとつの画面を上下に分割して表示?かな。
私的には上下分割じゃなく、切り替え操作で瞬時に切り替えられる方が使い勝手がいいような気がする…