ポメラ(pomera DM-20 プレミアムシルバー)キターーー♪

シグマリオンもそろそろ引退させて…モペラ、前々から気になってたんですよね。
でも、ちょっと値段が高いじゃないですか。ずっと悩んでるうちに忘れてて、そういえばってアマゾン見てみたら…あれ?ずいぶん値段が下がってるなぁ。DM-5や10もそうだけど、DM-20も手頃な値段で出てるじゃない!

ポメラの最高機種は(今のところ)DM-100。さすがに値段はあんまり下がってない。最新機種のDM-25は、さすがに出たばかりなので、値崩れほとんどなし。DM-5と10は4インチで液晶小さめ、かつ、一つの文書は全角8000文字まで。外観はかわいくていいんだけど、仕様的に今一つ。
※由良拓也モデル(DM-20Y)とか、ガンダムモデル(DM-11G)には興味なしw

で、DM-20…アマゾンで1万円切ってるし、買っちゃおうかな?買っちゃえ(^0^)

pomera DM20の箱の写真

ポメラDM-20プレミアムシルバーキターーー♪

DM-20プレミアムシルバー箱の裏はこんな感じ

箱の裏には仕様とか書いてあります

ということで、DM-20プレミアムシルバー(今は製造中止w)キタ~(^O^)v

箱を開けて…本体、USBケーブル、説明書(アンケートはがき)のみ!バックアップ用のボタン電池は、本体にセットされてるみたいです。

えっと、単4アルカリ電池2本必要です。あらかじめ買っておきましょうw
※エネループなどの充電式の電池も使えます

まず本体裏の固定アームをずらして、ボタン電池のフィルムを引き抜きます。
その上にあるロックスライドを右に(アンロック位置に)スライドさせて電池蓋をあけ、単4アルカリ電池を2本入れて蓋を閉めて、スライドをロックの位置(左ね)に。これで準備完了!簡単なもんです。

左端は押さえない!の注意書きスッテカー

キーボードは左にスライドするので、開く時は左端を押さえない!

では本体の液晶を開いて…ぬぁんだ!この警告のような注意書きのステッカー(汗)

ポメラのキーボードって慣れるとそうでもないんだけど、ちょっと癖があって…右に倒しながら左にスライドさせて…みたいなw左にスライドするから、左端は押さえるな!なのです(笑)

キーボード右を押さえる固定アーム

固定アームはスライドさせると、キーボードの右下を押さえます。

ちなみに固定アームは開いたキーボードの右下を押さえておく補助脚みたいな物なんだけど、出さなくてもぐらつかないし…あくまでも補助的なものですね。

そうそう、購入当初は、キーボードの右上が何となく浮いてるような感じがしたのですが、しばらく開けたり閉めたり、使ってるうちに気にならなくなったので、初期段階の癖なのでしょう。

電源ボタンはキーボードの左上。キーボードを開くのと連動してONできたらいいんですけど、なぜか伝下んぼたんを押さないとONにならないんですね。
ちなみに、キーボードを折り畳むと、連動して電源はOFFになります。

電源ONにして最初にやることは、日付と時刻の設定。メニューのオプションタブにあります。
ちなみに、セットアップはこれだけです。あとは行間の間隔、フォントサイズ、ATOKのキー配列…
などの細かな設定。この辺は実際に文書を打ち込みながら設定します。

さぁこれでセットアップも完了。あとは思い立ったときに開いてがんがん打ち込むだけです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です