ポメラDM-20のまとめ

文書作成だけに特化した…ポメラ DM-20
思いつくまま まとめますね。

■ポメラで何ができるの?
ネットにはつながる? つながりません
電子辞書?      ありません
音楽再生?      できません
静止画は?      見れません
動画は?       見れません

■えぇっ!じゃぁ何ができるの?
→文書の入力と編集だけ!できますw

そうなんです。ポメラって文書入力に特化した電子文具なんです。

文書なんて、パソコンでもスマホでも入力できるじゃん。なんでポメラが必要なの?
→必要ないかもしれませんが、必要な人には必要なんです。

なんだか変な問答が続いてますが…ホント文書作成・編集だけしかできないんです。

折り畳み式のキーボード、モノクロ液晶ディスプレー。そしてUSB端子とマイクロSDスロット。これがポメラのすべて。
そして今時の充電式じゃなく、単四アルカリ電地2本で最大20時間位使えます。

文書入力も、複数同時編集とかできなくて、今書いてる文書のみ。1文書あたり最大2万8千文字で、本体メモリには最大文字数の文書なら約1000文書くらい保存できます。
文書は5階層までのフォルダで管理できて、フォルダあたり最大1000文書まで格納できます。

マイクロSDカード(2GBまで、またはマイクロSDHCで16MBまで)使えます。もちろん作成した文書の保存用ね。マイクロSDカードを使っても1文書あたりの最大文字数、フォルダーあたり最大1000文書は変わりません。本体メモリに比べて、たくさんの文書が保存できます。

■マウスとか画面をタップしてとか…できるの?
→できません。キーボードだけで操作します。

昔ワープロ専用機っていうのがあって、キーボードと1~2行の液晶ディスプレー(もちろんモノクロ)と、機種によってはプリンターもついてましたね。

そしてパソコン、そう、まだウィンドウズとかなくてMS-DOSの時代。ワープロと言えばジャストシステムの一太郎でした。

ポメラは一太郎ほど多機能ではありません。罫線とか引けませんし、写真を貼り付けることもできません。ワープロ専用機よりなみの機能しか持ち合わせていません(プリンターは付いてませんが…)。

でも、日本語処理(日本語変換)にはATOKが搭載されています。以前のワープロ専用機よりはかなり強力な日本語処理ですね。ただしパソコン版のATOKほど強力ではありません。組み込み用のATOKですから。もちろん実用上何の問題もありません。比較的ストレスなく変換してくれます。

■キーボードは打ちやすい?
→キータッチなど好きずきはあると思いますが、私的には打ちやすいですね。ただし、一つ一つのキーがパソコンのフルサイズキーボードに比べて小さいので、ある程度慣れが必要かもしれません。
どう小さいか?キーピッチは17ミリですが、キーは横14ミリ縦12ミリほどなどで、特に縦方向が小さく、きちんと狙って押さないと、上下のキーが押されてしまいタイプミスが増えるかも。
パンタグラフ式のキーボード、キータッチは私的には好き。ポメラのキーボードは定評がありますが、それもうなずけるところです。

■操作は簡単?
→はい!ディスプレーを起こしてキーボードを開いて、電源キーを押せばすぐに立ち上がって、前回の続きから入力始められます。カタログとかウェブでは、2秒で起動し打ち始められるって載ってますね。まさにその通りです。

折り畳み式のキーノードですが、開くのにちょっとしたこつがいります。でも慣れると素早く開くことができますよ。

■文字は見やすい?
→はい!モノクロディスプレーはコントラストも高くとても見やすいです。白地に黒文字または、黒字に白文字が設定できます。私は白い紙に黒い文字を書く感じで使える「白地に黒文字」で表示してます。

文字の大きさも7段階に調整できますので、小さい文字で文章を表示させたり、大きい文字で見やすくする事が文書入力中でも簡単にできます。
また、行間も3段階に調節できます。

■作成した文書はどう活用するの?
→文書は.txtファイルで保存されています。マイクロSDカード経由または、USBケーブルでパソコンにリンクできます。パソコンにつなぐとポメラはストレージとして認識されるので、そのままファイルのコピーなどができます。
パソコンに取り込んで、ブログに投稿するなどで活用できます。

また、200文字単位にQRコードに変換してディスプレーに表示できますので、QRコード経由で文書をスマホなどに取り込むことができます。

■ほかに機能はないの?
→カレンダーに連動した日記(メモ)を入力することができますので、簡単なスケジュール、日記などに活用できます。
ただし、カレンダーの日付に連動しているだけ、最大文字数も8000文字までに限定されます。また、本体メモリに保存されますので、それだけ文書を保存する容量が少なくなります。

日記メモも日付がファイル名の.txt形式で保存されます。マイクロSDには保存されませんが、USB経由でパソコンに取り込むことができます。

■USBでパソコンに接続すると、パソコンからはどう見えるの?
→大容量ストレージとして認識されますので、エクスプローラーなどで表示できます。
マイクロSDカードがセットされている場合を例にすると、ドライブIに日記メモフォルダが、ドライブJに本体メモリ(本体メモリに保存された)フォルダ・ファイルが、ドライブKにマイクロSDカードに保存されたフォルダ・ファイルが見えます。
※割り振られるドライブ番号は、パソコンの環境によって違います

■ほかに注意することは?
→ファイル名、フォルダー名は全角で最大18文字です。使用できない半角文字などは、パソコンのそれとほぼ同じです。

こんな感じかな?また思いついたら追記していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です